笹の葉に形が似ていることからその名がついた、「笹かまぼこ」。
「笹かまぼこ」発祥の地である宮城県で大正元年以来およそ100年にわたって笹かまぼこをつくり続けいる白謙、これからも伝統を守りながら、新しい味の開発に全社を挙げて取り組んでまいります。